片々雑事 12


149)
[NEW]090508記載

HYPS Chaotic Planet [Limited Edition] (500セット限定) が2008年5月8日、発売されました。パチパチ。

丸一日以上経過しましたが、アマゾンは「在庫あり」で推移していますね。今まで発売日の午前零時に「通常4週間後に発送可能」 (在庫切れという意味です) という表示を見てきたのでちょっとびっくり。かないまるHP経由でお買い上げいただいた分も全数が発送されたステータスになっています。

昨日ポニーキャニオンさんとお会いしたのでちょっとお聞きしたら「集計上の問題もありますが、マジでちょうどカツカツだと思います」とのことでした。ネット販売サイトをサーチしてみると「在庫切れ」になっているところがボチボチありますので、出荷はもう止まっているのかもしれません。アマゾンのようにまだ売っているところは自店在庫を持っているのでしょう。アマゾンが発売日に在庫切れしないのはとても珍しいですが、さすがに高額商品なので販売機会逸失を避けたかったのかな。

もちろん今持っている在庫を売り切ると完売でしょうが、アマゾンが多めに持っているとするとまだしばらく買えるのかもしれませんね。かないまる的には自分が最後まで関わった [Limited Edition] が全く買えなくなるのは寂しいので、実はまだ売っているのは嬉しかったりします。でも「あー、終わっちゃったか」というのもよくあることですから、買いたい方はお早めにどうぞ。

あ、そうそう。ハイブリッドSA-CD[通常盤」(仮)、ですが、ポニーキャニオンさんのサイトをみると、Chaotic Planet〜Special Master Edition という名称になったようです。なかなか立派な名前を付けましたね (アマゾンは5/9現在、まだ[通常盤」(仮)と書いてありますが、)。どんな音になるか、出来上がりが楽しみです。




148) 7.1チャンネルアンプで9.1チャンネル再生を行うためのレベル操作方法について
[NEW]090507記載

昨年(2008年)の4月1日発行の 「日本音響家協会」の会誌「SOUND A&T」で「7.1チャンネルアンプで9.1チャンネルのレベル設定を行う方法」というのを初公開しました。サラウンド6本というダビングシアターの最少構成を家庭で実現し、再生条件側面から映画館音場の再現を目指し得る方法として、TA-DA9000ESで世界ではじめて提案したのが9.1チャンネル再生システム。その秘密は各チャンネルのレベルの設定にキーがあるわけですが、その秘密を明かしたのがこの記事でした。

この記事はこのホームページに転載してあり、もちろん現在も何方でも読むことが可能ですが、雑誌記事としては十分な文字数を割いたものの、やはりこれだけでは難しかったようで「もっと詳しく」「〜について教えてください」というメールをたくさんいただきました。

しかし詳しく書くとなると、実はとっても大変なんです。いい加減に書くとかえってわかりにくくなりますので。なのでメールには「あとで書きます」で逃げ回っていましたが、さすがにご質問が多いので、連休を一日つぶしてなんとか書いてみました。これ以上「詳しく、わかりやすく」は現状無理なので、これでできる方のみ挑戦してください。記事はオーディオ・ビジュアルQ&Aのページです



147)
[NEW]090507記載

ニコンのレンズの修理記録が大変に好評です。「超音波モータ」に過敏に反応した方もいらっしゃいますが、一番多かったのはやはり「ダメモト」の大切さへの賛同でした。「ワタシはこういうダメモトで動かないカメラを救いました」みたいな感動のメールも飛んできました。

「失敗を公開せよ」というメールも飛んできました (もちろん身内から)。失敗?。ありますよ、たくさん。そもそもダメモトですから。

そこで最新のダメをご紹介しましょう。

失敗したのはキャノンのプリンタの印字ヘッドの洗浄です。プリンタ名は「Canon PIXUS 6100i」で、2003年の秋購入ですから、もう5年以上使っていることになります。A3プリンタなので使用頻度はそんなに高くなく、結局随分長期間使ってきました。

で、ここのところシアンの出が悪くなり、灰色が赤くなる傾向が出てきました。一応出てはいるのですが薄い。中間色は見た目真っ赤になってしまう。果たして寿命か洗浄すれば使えるのか。

そこで、ちょうど別に用があって購入した超音波洗浄器にヘッドアセンブリがスッポリ入るので、ジャブっと漬けて洗浄してみました。電子回路を壊す恐れは承知の上です。



結果です。まず上段が原稿。黒から灰色へのグラデーションと全黒の二本の帯です。

中段は超音波洗浄前。中間色が赤いのはシアンが出にくいからです。画像処理でシアンをつよ〜く強調するとちゃんと灰色になり、写真画質も一応行けます。縞模様はありますが、実際は重ね印刷するので写真画像なんかはわりと綺麗で、むしろWEBページのプリントアウトなんかのほうが縞が目立ちます。

で、下段が超音波洗浄後。

じゃん。壊れました(^^;)

電子回路は全然壊れていないようで、実は印刷のし始めは各色が出ています。また印字ヘッド面にインクを垂らして吸い込ませると、とにかくなにやら印字します。でも一瞬でインクが途切れます。

どうもインクタンクとバブルジェット用の細管の途中が離れてしまったようですね。印刷し始めに出るインクはかなり濃いのでバブルジェットの詰まりそのものは復旧しているようで、短時間の洗浄ならうまく行ったのに洗浄時間が長すぎたかもしれません。

もしダメモトで追試するかたは (意外に居そうですが)、印字ヘッド面だけをそっと洗浄液に着水させ、ヘッド先端部だけ短時間洗浄してみるのがいいでしょう。詰まっているのがパイプ先端のヒーター周辺だけなら復旧の可能性があります。時間の目安は1分程度。10秒おきに水を交換して色が出なくなったら終わり。そんな感じかしら。

というわけで、ダメモトで得られた結論。

バブルジェット印字ヘッドは、超音波洗浄でじっくり洗浄すると壊れる。

一つ勉強になりました。



146)
[NEW]090507記載
------
いよいよ、HYPS-Chaotic Planet の発売まであと24時間を切りました。予約はいつまで受付られるのでしょうか。「4月中に500枚超えていたのでは?」というのがかないまるの読みですが、連休突入でたぶん集計は止まっているでしょうから、連休空けて500を超える集計が飛び出して今日中に止める…のはまず無理でしょうね。WEB販路だけで大変な数があります。完全に止めるのは難しいでしょう。

もし超えていたとしても、「5月8日午前零時発売・即完売、以後入手不可能」が妥当なストーリーかな。もちろん500を超えてればですが、発売まであと24時間弱。四度目の発売即・品切れをもし見ることができたら、それはイコール販売完了を意味しますから今回は特別ですね。


さて、関係者への試聴会 (デモ) も連休前に完了。通常盤も発売されますが、まあもう試聴室でのデモは一段落でしょう。

それにしても完成披露のデモは楽しかったです。マルチチャンネルレイヤーの演奏を中心に、LPやHQCD (ともに analog master) との比較も簡単に交えて行いましたし、裕ちゃん自身が4回も解説を担当してくださいました。売れっ子になるとこんなことはありえませんが、売り出し中なので余裕かある今ならではのデモだったかもしれません。

連休直前の試聴会では[Limited Edition]のボックスのなかに中に収められている印刷物用の楽器の写真を大きめに印刷して裕ちゃんに手にしてもらって解説してもらいましたが、お客様はどういう楽器かイメージできるので好評でした。画像公開の許可はいただいていますので、[通常盤(仮)」発売までには画像を公開しましょうね。[Limited Edition]を買った方も、ライナーノーツの印刷されているより大きい画像を見れたら楽しいかと思います。

デモは全部の回で、かないまるroomでの超立体感がとにかく好評でした。ただ「アナログ=2チャンネル」はかないまるは関与していないことを強調しすぎたせいか、ハイブリッドSA-CDの2チャンネルレイヤーも関係ないと、かないまるが発言をしたと勘違いした方がいらっしゃったので、制作過程の記事を一部修正し、画像も入れて詳しくしました。制作過程については後日詳しく書こうかなとも思っていたんですが、この記事をもって完了とします。


------
その試聴会の際、「数多くの打楽器を基本的に同時演奏一発録音している」という話をしていますが、当然「演奏姿をみたい」という話になります。そこで旧作の「YOU」の動画をプロジェクトのページ に公開したものを、発売までの一カ月、トップページでもご紹介することにしました。この画像もこの土日くらいにトップページから消えます。ムリかな。この土日は忙しいので、一週間そのままだったりして(^^;)

ちなみにこの動画は17MBもあり、Uチューブやニコ動では扱い不能の巨大なフラッシュです。当然別の商用サーバから送出しています。音は320kbpsのMP3です。MP3もこのレートだと相当いいですね。

------
さて、もう一つのプロジェクトのLYNXリミックス。

開催されてから大分時間が経ってしまいましたが、王子ホールでのコンサートの様子をアップしました。LYNXは自らの演奏活動以外に、フルート演奏愛好家を増やして行こうという活動を地道に行っていて、一般の方を交えたコンサートというのがとても新鮮でしたよ。

このコンサートのときに、まだバックオーダ中の「re(アールイー)」が70枚も用意されていましたが (どこから出てきたんでしょうねえ) 、なんと完売。100枚あれば100枚売れちゃったんではないかという勢いでした。お客さんの数は300人くらいですから、4人に1人が買い求めたことになりますね。今はアマゾンの販売サイトも「在庫ありで安定しやれやれといった状況です。

この作品については、現在書店に出ている「プロサウンド」誌に、制作勧進元のオノセイゲンさんが6ページの記事を書かれています。白黒ページの記事ですがカラー画像を全部いただいていますので、かないまるのページでも画像をご紹介し、かないまるとしての補足説明も付ける予定です (しかし、忙しいなあ。次のプロサンウドが出てしまうかもしれませんね)。

ところで、この作品のDISK1の最後の曲 (フーガの技法) の2チャンネルトラックは、別収録のマルチチャンネルレイヤーより空間が濃密で、実に見事な空間が再現できます。実は2チャンネルはライブ録音で教会の空気が見事にとれているのです。したがってこのトラックは みなさんの「2チャンネル再生の力試し」になりますセッティングを追い込めば教会の高い天井が感じられるところまで行きますよ。この一曲だけでも、買う価値ありです。


146)
090403記載

いやー、春ですねえ。145)にも書きましたが、かないまる邸の今年の花はとても元気。マリーゴールドを失敗したので冬場の花がパンジーだけになってしまい寂しかったですが、ここのところの陽気で、冬を越したパンジーとビオラが猛然と花を付け始めました。金せん花も咲きだしましたし、一鉢だけ年を越したガーデンシクラメンが30個も花を付けています。さらに、やはり冬を越したジュリアンやナデシコも猛然と花が増えてきましたし、今日はラナンキュラスがつぼみを持っているのに気づきました。もうすぐ咲きそうです。
実は今年二回目になりますが、またノロウィルスにやられてしまいました。今回は多少免疫が残っているのかそんなに症状はひどくはありませんが、今日は会社を休んでしまいました。

さて、発売になったLYNXのアールイーは順調な販売状況。昨日某有名スピーカメーカの社長さん(米国社長と日本法人社長) にデモしてお聴きいただきましたが、楽しまれて行きました。

またHYPSのSA-CDも最終盤がかないまるの手元に届き、やはり今週、ポニーキャニオンさんの招きでかないまるルームにいらっしゃった方々にデモして差し上げました。

そのときの様子が早速ファイルウェブに掲載されています(2009年4月2日欄)

ちなみに購入 (現在予約受け付け中) される場合は、ぜひかないまるのお勧めソフトコーナー経由でお願いしますね。マジで売った数を競ってますんで(^_^;)


145)
090329記載

いやー、暖かかったり寒かったり、雷がなったり、不安定ですね。でも確実に暖かくなっているようです。

かないまる邸では今年はたくさんの苗を作りました。すでにすくすく延びているのがスイトピーとゴデチア。キンセンカは開花し始めました。

土曜日は久しぶりに休日が晴れ。そこで「美女ナデシコ」の苗をプランターに移植しました。今年は発芽とその後の育成が非常にうまく行き、ポット栽培でなんと80株以上の苗が育ちました。「売るほどある」というやつですね。知人やご近所に分けて差し上げましたが、まだ60株以上あります。そのほか、パンジーの苗も30株以上育っていています。新種のパンジーでフリルのある花が咲き始めました。苗では売っていない品種なので育つのが楽しみ。

あとトルコキキョウというのも育っていて、良苗が20株くらい。コーティングしないと発芽も難しいというゴミのような小さな種から育ち、最終的には大きな株になるようですが、今は発芽から半年経ってもまだ直系3センチくらいの小苗です。

これらの苗を一気に全部プランターへ移植…、するのは無理。合計100株越えですからね。プランターで40個弱になります。毎日出勤前に少しずつ移植作業をしています。睡眠サイクルが狂いがちなかないまるですが、朝早くおきることができたときは庭に出る感じ。雨が振っていてもカッパを着て作業します。

一番たいへんなのが土作りで、これはこの土曜日に晴れたので一気にやりました。古い土を黒いポリ袋に入れて半年放置して虫を殺しておいたものに、鹿沼土、赤玉土、苦土石灰、有機石灰を加えて再生。

肥料は元肥としてプランター底に油粕と配合肥料 (ミネラル入り化学肥料)。あとは週に一回の液肥で育てています。今までは腐葉土や堆肥、醗酵鶏糞、醗酵牛糞などを使っていましたが、今回は土が大量すぎて混ぜるのがたいへんなので、肥料分がなく水持ち (=肥料持ち) のよい園芸用ピートモスを漉き込んで、追肥分は液肥で週一回与えることにしました。もともと堆肥などを使っていてもプランターや鉢だと半年も効かないので結局液肥を使うことになるので、今回は追肥は完全に液肥化したわけです。まあ元からの腐質分はありますし、一年経ってみないとわかりませんが、まずはいい感じです。

それと、土を再生すると病気が出て今まで苦労していましたが、連作障害回避用の土壌菌種を見つけたのでそれを混ぜるようにしたら、葉の色が変色することがほとんどなくなりました。あとは酸性化防止の苦土石灰と有機石灰 (貝殻を砕いたもの)。これは混ぜる量がヤマカンで、本当はPHメータが欲しいんですが、とりあえずいい加減でもなんとかなっています。

実はかないまる邸ではいろいろなタイプの土の再生方法を試していますが、昨年ほぼ全滅したチューリップの土をよく観察して、売っている培養土 (これは高いですが買ってくるだけで花はよく咲きます) との違いの改善からやっています。まだ園芸3年目ですからね。よく咲いているとベテランの近所のお菓子屋さんは褒めてくれます。

とにかく昨秋から土の状態はとてもよいようで、冬を越したパンジーとジュリアンが猛然と花をつけて例年になく元気ですし、チューリップも一品種をのぞき元気一杯に育っています。実際は夏の猛暑時にどれだけ葉が変色しないで済むかが勝負ですけど、なんとかなるのかな。

でも60株以上の美女ナデシコ。咲いたら豪華だろうなあ。美女ナデシコは冬場の寒気のあたり方で花の着き方が決まるそうで、育てても2〜3割は花をつけてくれないんですが、株数が多いので相当咲くでしょう。



144)
090322記載

200万ヒット記念イベントが完了しました。

確定申告の目処が付いた3月15日(日曜日)の晩に、ただ一つ残っていた記念品である「かないまるのサイン」を全部書き上げて、メール便で発送しました。拙いサインで申し訳ないですが、ご笑納いただけたらさいわいです。「サインご希望の方」と「200万ピタリ賞の方 (なぜかお二人)」に届きます。

届かないなどのご連絡は2009年4月21日土曜日でしめきりました。未達のお話はありませんでした。これで200万ヒット記念イベントは全て完了となりました。達成から4カ月もかかってしまいましたが、今回はカウンタシステムの誤動作などもあり、支離滅裂になってしまいましたね。300万ヒットは全くやり方を変えるつもりです。

なお、住所氏名の個人情報は削除させていただきましたので、これから問い合わせをいただいても一切わかりません。もちろんいただいたメールは個人情報部分をカットして残してあるのと、応募メール以外のやりとりメールはふつうのメールとして残してありますので、ご了解ください。



143)
090321記載

LYNXですが、SA-CDパッケージ内に含まれているライナーノーツを、LYNXリミックスプロジェクトのページに転載しました。許諾ありがとう>LYNX。

ライナーノーツって、LP時代はレコードを買う前に読めたものです。なぜならレコードは開封されていて、盤の状態も目視して確認して買ったものだからです。もちろんライナーノーツを読んで「よさそうだ」と思ってレコードを買った記憶もたくさんあります。そうやって買った作品は「当たり」が多かったものですね。かないまるはアートペッパーを入り口としてジャズに興味を持ちましたが、ライナーノーツが読めなかったら果たして学生時代にジャズを聴いたか…。聴いてないでしょうね。麻丘めぐみで止まっていたでしょう。

今、定番タレント以外のCDが売れない時代と言われます。大きな理由に「ライナーノーツが読めない」というのがあると、かないまるは思っています。レコード会社はすべてのCDを宣伝できません。あまねくほとんどのCDで、もっとも作品を解説している資料であるライナーノーツが、買う前に読めないのは不合理。

camomile Best Audioのときに、恵美さんの曲への思いをつづった解説をWEBで読めるようにしたのはそういうわけです (そもそも曲の解説を書いていただくところからお願いしたのですが)。

LYNXの「re」にも、とても素敵な、わかりやすいライナーノーツがが入っています。主として技術面からのアプローチを解説するかないまるとは、全然違う音楽的切り口。いやー、私には書けない…。

せっかくですので、ぜひご覧ください。そしてまだ購入していないかたはもちろん、お友だちにもこのライナーノーツを読んでもらってください。

って、なんか「LYNXメジャー化プロジェクト」みたいになってきましたね。題名変えようかな(^^;)


142)
090320記載 (トップページから転記)

確定申告、無事提出しました。

医療費は申告すると「10万円を超えた分に税率をかけた金額」が返ってきます。意外に知られていませんが、「太田胃散 (胃腸病治療)」、「イブA (頭痛治療)」、「ベンザブロック (感冒治療)」 、「サロンシップ (筋肉痛治療)」、という感じで、薬局で買ったクスリも全部申告できるんですよ。

いろいろな保険外治療を受けた人は額も大きいでしょう。ドリンク剤などの健康増進やサプリ類、主婦健診などの健診はダメですが (予防はだめ、治療が対象ということです)、医者の領収書や医者指定の調剤薬局のクスリ以外でも「治療」目的ならOKなんです。保険の効かない鍼治療も領収書があればOKです。

ちょっと申し訳なかったのは、「国税庁のHPを使った申告の方法をご紹介する」と昨年書いたのに、200万ヒットイベントとミックスのお手伝いが忙しくて叶わなかったことです。これを反省して、むしろ申告と関係ないシーズンにやり方を書いてみます (手順をしっかり覚えている「今」がいいとも言えますね)。

とにかく医療費の領収書はなんでもとっておいてください。4人家族で病気がちだったり、一人でも歯医者にかかっていたら、10万円なんて結構ふつうに超えていると思いますよ (生計を一にする家族で申告しますので)。戻る金額は、10万円を超える部分の金額に、税率をかけた金額です。

税金は累進課税ですが、医療控除は「収入がなかったことにする」制度なので、その人の収入の最高税率がモロに掛け算されて返ってきます。たとえば所得が「695万円超 〜 900万円以下」の人は、税率が23%なので、医療費が21万円かかったとすると、(21-10)*0.23=2万5千円もお金が返ってきます (注1)。

かないまるの場合はアフェリエイトを身分を明かしておおっぴらにやっているので(^_^;)、ちょこまかした収入を申告しないと脱税になりますので、合算や必要経費の計算が非常に面倒なんですが、医療控除の還付請求だけならエクセルで表を作るだけですので、お小遣い稼ぎだと思えばやらない手はないですよ。



141)
090316記載(トップページから転記)

今週は確定申告の準備があり、3/16の申告期限まで空き時間はほとんどこれにかかると思います。なので更新がかんたんなもの以外はちょっと止まっちゃいます。更新再開まで少しお待ちください。

そんななか、LYNXから「フーガの技法の楽譜サンプル画像」をいただきましたので、公開しておきました。こちらです

音元出版のオーディオアクセサリーで、次号の山之内さんの記事を担当される野間さんが、編集部のページにLYNXのことを書いてくださいました。取材のときの印象を書いてくださったもので、こういう感想を公開してもらえるのはLYNXの人柄でしょう。なかなかいい記事で「LYNXが巫女みたい」の表記は笑っちゃいました (^^)。
ちなみに、AA誌では「HYPS」も野間さんが担当されるそうです。

「山之内さんの連載WEB記事」。山之内 正の週刊AVラボラトリー第157回:呼び覚まされる記憶 − ソニー金井氏、オノ・セイゲン氏が携わった「LYNX」新作の秘密」。「20年近く前に体験した、ある特定の空間の「響き」が一瞬で蘇ってきた」と、高い評価をいただきました。今回のアルバムでめざした世界を直感的に理解していただき書いてくださったすばらしい記事。ファイルウェブ会員以外はもう読めなくなっていますが、時間ができたら記事の概要をご紹介しましょう。

なお山之内さんは、5月発売のオーディオアクセサリ誌でもLYNXリミックスを扱ってくださる予定です (その担当編集者が野間さんです)。

HYPSに関しては、先週発売されたステレオサウンド誌にいい記事が出ています。書店でご講読ください。

では引き続きよろしくお願いします。



140)
090308記載) (トップページからコピー)

今、コンセルトヘボウの生中継中です。ペライアのシューマンのピアノコンチェルトが終わりました。

すごい。すごい。すごい。この中継はすごい。ペライアって本当に復活したんですね。オケもペライアをじっと見つめながらの演奏。そしてブラボー。

シューマンって退屈なことが多い。どうなるんだろうと思いましたが、一気に三楽章がおわってしまいました。ハイティンクもすごいですね。にこにこしながら棒を流しているようで、全体がハイティンクの音。

そしてコンゼクトヘボウ。いやあ、ポリヒムニアの収録。成功していますね。みなさんの環境では音が浮いていますか。かないまる邸では音が浮いています。漂っています。これはこの秋は、この演奏のBDを何回も聴くことになりそうですね。

では後半のシンフォニーを待ちましょう (あ、このあとはなにも書かないで寝てしまうと思います。明日は早いというのもありますが、たぶんなにも書けないのではないかと思います。感動して…)。


[NEW]139)
090307記載)
LYNXのコンサートに行ってきました。すばらしいかったです。

前半はクラシックスタイルのLYNX4人の演奏。プログラムはチラシで公開されていましたが、ほぼそのままの順番で演奏されました。

後半は、アマチュアの方がLYNXと一緒に演奏したり、LYNXの審査をとおったフルートを中心としたアンサンブルが登壇。以前はLYNXの演奏本番の前にやったそうですが、今回は二部の頭に組み込み、トータルのコンサートの一部として演奏されました。まあ、アマチュアだなというところはありましたが、ミスタッチなどはほとんど気にならないすばらしい演奏でした。

アマチュアとLYNXで威風堂々を演奏したあと、再びLYNXの舞台。ここからの音がすばらしかった。ここからバッハなんですが、やはりLYNXのバッハはすごいですね。王子ホールに限らず、日本のホールは一般的に残響が少なすぎますが、バッハは実にリッチになり響いていました。欧州のバッハ専門家が唸るという理由がわかりましたね。

アンコールの二曲もすばらしいものでした。フーガの技法は…、残念ながら今回は無しでした。きっといつの日か、フーガの技法だけのコンサートがあることを期待しています。

------
さて、コンサート当日、ニューベストアルバム「re」が70枚用意されました。観客は315人。で、どうなったかというとアルバムが「完売」。終わってからも買いに来る方が多かったそうで、100枚あれば100枚売れたかもとのことでした。

まあ、出たてのアルバムですし、市場で品切れということもあります。さらにLYNXのコンサートは比較的CDを買っていただけるそうですが、それにしても「完売」には、関係者のみなさん驚かれていました。

LYNXのコンサートの模様は、画像をいただけることになっていますので、到着したら (確定申告が終わってからになりますが) ご紹介しましょう。


138)
090305記載)
LYNX re (アールイー) が本日3/4に発売されました。関係者のみなさん。ご苦労さまでした。当ページ以外では恐らく初の記事である山之内さんの素敵な評価記事もこの週末を挟んでご覧いただけます (来週半ばを目処に、ファイルウェブ会員以外の方は読めなくなりますので、早めにページをオープンし、「ファイル--名前をつけて保存」で記事を保存してくださいね。

SACDは発売と同時に売り切れたようですが、早くも納品がはじまったようです。アマゾンの在庫ステータスが昨日まで「通常1〜4週間で発送」でしたが、本日 (3月7日の午前0:30) 現在 「通常5〜6日以内に発送します」 に変わりました。これは取次店に入荷し、配送センターへ商品が移動中と思われます。程なく在庫ありになるでしょう。

まあ今後も在庫切れになる恐れがあると思いますが (たぶん発売元が想定しているよりはるかに多くの注文が入るでしょうから) みなさん、在庫ステータスに関係なくどんどん注文してくださいね。バックオーダになったときの製造対応能力は、たぶん「いざとなったらさすがソニーミュージック」という速さは発揮はしてくれるでしょう(^^;)。もちろん、もたもたしてたら「メッ」ってしてあげます。

まあ、LYNXはまだあまり有名人ではないので、メーカがおっかなびっくりなのは勘弁してあげてください。結局のところみなさんに注文していただくしかないのです。どんどん注文してあげてください。



137)
090228記載)
200万ヒット記念キリ番イベント。2月末をもって全て完了する予定でしたが一点だけまだ発送できていません。「残る一点」とは。じゃん。「かないまるのサイン入り色紙」です。

色紙を買いに行ったら「そんなにたくさんおいてありません」と言われてしまいました。極太サインペンも意外に買いたいやつがない。というわけで、注文しておいたのを今日 (3/1)に取りにいきます。でっかい文字でサインなんかほとんどしたことがないので練習も必要みたい。

ほかの記念品はすでに発送が完了しています。各提供者さんが責任を持って発送してくださっています。未達で戻ったものは全くないそうですので、2月末までに全て届いていると思います。

本イベントは色紙をのぞき、3/4をもって連絡期間も終了しました。色紙発送までもう少々お待ちください。


136)
090217記載)

200万ヒットきり番イベント。やっと集計が終わり、2009年2月15日の日曜日に発送先リストを記念品提供各社にお渡ししました。まもなく記念品が届くと思いますのでお待ちください。

なおかないまるのサイン入り色紙ですが、これだけはもう少しお時間をください。今度の土日に予定が入っているので、その次の土日に発送を行います。

なお発送先リストは個人情報ですので、発送が完了したらリストは破棄されますのでご安心ください。


135)
090205記載)
200万ヒットきり番イベント。200万9番までにたくさんの応募者がいらっしゃますが、なんと第一希望が結構ばらついていて、第一希望は全てご希望どおりになりました。

また番号ダブル発生だけでなく、今回は同一の方に複数回当選が出ているようで「2本当選しましたが、よろしいでしょうか」というメールもいただきました。ダブル当選はダメとは規定しなかったので、公開している規定どおり、両方当選とさせていただきました。記念品のうちの一方はかないまるのサインをご希望いただきました。

集計終了したら発送にかかります。


134)
090122記載)
今回のキリ番イベント、たいへんなことになっています。なんと番号ダブルが多発しているのです。たとえば200万ピタリ賞がお二人もいらっしゃいます(^_^;)。2000002、2000006番はそれぞれ6人もの方がゲットしていて、います。、全然違うシチュエーション。そもそも、そうい今回はPCを2〜3台同時に動かし、家族総出でクリックされたケースが多いようで、@niftyのカウンタシステムが誤動作したようです。

@niftyに問い合わせたところ、カウンタの逆戻りはないと頑として誤動作は認めませんが、たぶんバグありですね。ただ、ダブルカウントの可能性だけは認めました。

そこで今回は、番号ダブリは全部容認することにしました (次回はキリ番ゲット方式はやめて、別の方法を考えます)。でも第一希望しか書かないことになっている200009番までに26人もの当選者がいらっしゃいます。

さてどうしよう。


133)
090114記載)
かないまるホームページは、先程 (2009年2月12日午後4時過ぎに) 無事200万ヒットを達成しました。みなさんアクセスありがとうございました。


132)
090111記載)

プロデビュー作のお手伝いをしている「はたけやま裕」ちゃんの、目黒のバースデーライブに行ってきました。満席で熱気がムンムンするなか、迫真のライブでしたよ。

裕ちゃんのパーカッションはまさに格闘技ですね。冬は筋肉が硬くなるので調子がでにくいそうです。でもこの年末年始は南国石垣島で過ごしてきたとのことで、ご本人が「調子がいい」とトークで話すだけあって、実に澄んだ音を叩き出していました。しかし手が何本あるんだろう。きっと2本は余分についてて、普段は隠してるんだね(^_^)

それとお酒の飲めるジャズハウスのライブは久しぶりですが、やはりリラックスできていいですね。

近日中にポニーキャニオンさんからライブの画像をいただけることになりましたので、到着したらご報告しましょう。下記はポニーキャニオンの溜ディレクターさんにシャッターを押してもらった裕ちゃんとの会場でのツーショットです。





131)明けましておめでとうございます。

昨年はとても忙しくて、特に夏過ぎからPCが壊れたこともあり、年末までずっと更新がおろそかでしたが、その分を年末にどんどんアップしました。

新規コンテンツで大きいのは久しぶりに開催したホームシアター講座です。分割すると注目度が上がるんですが、そんなことは行っていられないので、一気にアップしました。久しぶりのお勉強会系コンテンツで、2008年4月に発行された、日本音響家協会の会誌向けに出稿した内容に加筆したものです。

会誌への原稿は、2002年に書いたホームシアターにおけるデジタルサラウンドシステムを読んだ協会の編集の方からの依頼で書いたもので、実際会誌の巻頭記事として扱っていただきました。

2002年の講座の内容はいまでも間違いはありませんが、執筆後6年経って現場も変ってきており、今回の講座ではその点に触れました。BDやDVDが、じっくりとりミックスしてからホームシアター用に提供されているということなどは、ほとんど知られていないことだと思います

なお講座後半に「7.1チャンネルアンプで9.1チャンネル再生をする場合のレベルの調整方法」をネット上に初公開しました。ご質問の多かった内容ですが、正確な数字を公開したのは今回の協会の会誌が初出。WEBでは本稿が初出になります。正月休みにでもゆっくりお読みいただき、環境のある方は是非調整してみてください。

------
さてPRもひとつ。

この秋のAVアンプ。景気の悪い中、絶好調に推移しています。今年は3モデルラインナップですが、かないまる的には価格が手頃でかないまる自信が音質を手がけたTA-DA3400ESを熱烈お勧めします。

販売店にはTA-DA5400ESかSTR-DG820のどちらかがあるようですが、TA-DA3400ESが中抜けになっていて販売店に見当たらない場合が多いようですね。それでもこの年末は品薄になっているようです。是非注文していただくか、通販でご購入ください。

では今後ともよろしくお願いします。



130) サーバー会社FC2の不手際による、いくつかのコンテンツのURLの変更について。
[NEW](081222記載)

すでに書いた通り、サーバー会社FC2の不手際により、9個のコンテンツのファイルが消失する事故がありました。障害発生は12月13日土曜日です。

土日は動画やレシピを見ながら蕎麦を打つかたがいらっしるので速攻で「読めません」というメールが飛んできました。夕食のレシピに必要ということで、遅くとも日曜の昼にはアクセス可能にしたいところ。

ですが、FC2は土日はサポートをしていません。そこで他のサーバー会社と急遽契約し、ページを復活させました (契約したサーバ会社は非公開としました)。

移動したのは下記の9個のコンテンツです。

    1. 蕎麦関係のページ
    2. かないまるお勧めのソフトたち
    3. サラウンド勉強会
    4. ホームシアターにおけるデジタルサラウンドシステム
    5. デジタル化するとなぜありがたいかがわかってくる講座
    6. bye-bye!BB 東電光ファイバ回線の導入
    7. TA-DA7000ES勉強会
    8. TA-DA7000ES勉強会
    9. STR-VZ555ES勉強会

      ファイルの引っ越しとトップページからのリンクは修正は終了しましたが、まだ画像抜けなどのトラブルがないかどうかの確認は終わっていません。トップページ以外からのリンクは点検に手がついていません。リンク切れ、画像抜けなどを発見されたかたはお手数ですがメール送信コーナーから是非ご連絡ください。
      ------
      FC2のURLは「http://kanaimaru1.web.fc2.com/…」の形をしています。このなかから赤字部分、
      1.web.fc2
      の9文字を削除すると新URL「http://kanaimaru.com/…」になります。

今回から独自ドメインなのでサーバ会社は非公開とします。一時サーバ会社の宣伝にもなるかと思い公開していましたが、契約増加をお手伝いするバナーの貼り付けを拒否されましたので、公開のメリットは無いと判断しました。恐らく@niftyのページがトップページなので機械的に判断したのでしょう。3年使い好印象だったんですが、一気に不信感がわきました。ちょっとした勧誘キャンペーンを張るつもりだったんですが…。
まあサーバ会社は競争が激しいですからね。こういう細かいミソはつけないほうがいいと思うんですが…。



129) FC2から有償サーバ代金が返還されました。
(081221記載)

第125項以後、かないまる。のコンテンツの9割を配信してきたFC2サーバで、アクセスが不能になった件について結論が出ました。

まず肝心のホームページのデータですが、最初の連絡ではデータそのものは無事とのことでしたが、その後の連絡でデータが削除されてしまっていることが判明しました。アクセス不能はバグによるものとのことですが、すでにその時点でデータも消失していたのではないかと想像されます。

この事態に対してFC2は「ポイント付与で代償を」と書いてきましたが、「迷惑を被りFC2の解約を通告している者にポイント付与とは何事か」と返信したところ下記のような返信がきました (FC2から来たサポートメールより転載。( )外は原文のまま)。

この結論は理に適ってはいません。

データそのものが消失したのですから(それもFC2がサーバを移動しようとして起こしたFC2責任の事故ですから)、FC2がかないまるに支払うべきものは次の二つです。

正当な支払いは数万円になると思います。ただまあ、これ以上やりとりしても進展はなさそうですし、すでに有償アップグレード代は口座に振り込まれていますので、これ以上のやりとりはしないことにしました。

そこで、最後にFC2に対する評価を書かせていただきます。これまで有償で1年。無償ホームページとしての使用から通算すると2年ほど使いましたが、まとめとしての評価です。

まあ、無償で1GB。有償で10GBがここの売りですが、データ転送速度に制限をかけていればいくら大きいサイズをもらっても意味がない。ましてアクセス停止やデータ遺失が発生するようでは、まあ、あまり先は長くないでしょう。


128) 私はなにもわるいことはしていなかったそうです
(081215記載)

125)番記事で、FC2サーバに突如接続できなくなり(アクセス停止)、管理ページに「規約違反のためアクセスを停止しています (正確な表現は忘れましたが) 」となっていた件ですが、FC2からメールが来ました。

> お客様は規約違反等を行ったという事は一切ございません。
> こちら側で、サーバー移動の為に移行作業を行っていたのですが
> システムの思わぬバグにより、お客様の大切なホームページが
> アクセス停止という表示となってしまいました次第です。

というわけで、完全にFC2の瑕疵によるものとわかりました。

その後の話については129)に書き直します。
------
(以下元の記載を削除)


127) 独自ドメイン kanaimaru.com を取得しました。
(081214記載)
(090106更新)

FC2での今日中の復旧はありえないので、新たに月額500円で3GBの国内サーバでを契約。ホームページの修復に入りました。最近PCがクラッシュしたので、今朝(12/14日曜日)の時点では手元にFC2にあるファイルより少し古いバックアップしかありませんでしたが、取り外してあったHDDと会社のPC (丁度持ち帰っていました) のものを合わせると現時点の状態を復旧できそうなので、早速つぶれていたページを再開しました。

午後一には読者の方から連絡のあった蕎麦のページが復旧。夕方には残るページも復旧しました。

なお今回の復旧を契機に独自ドメインを取得しておきました。ドメインは「kanaimaru.com」です。たとえば再開した蕎麦ページのurlは、

となり、すでに独自ドメイン化しています。

今後もトップページは@niftyの http://homepage3.nifty.com/kanaimaru/ のままのつもりですし、新規または更新の多いページは@niftyのサーバで運用しますが、更新の終わったページは新サーバに移動してゆきます。

なおそのような運用をいたしますので、かないまるホームページへのリンクはトップページにおこなってください。直接リンクを張ってもかまいませんが、リンク切れが発生する恐れがあります)。

なお独自ドメインは、かないまるホームページとしてはサブドメインなので、

をブラウザのアドレスに打ち込むと、簡単なindexページが表示されたあと、@niftyのトップページにリダイレクトされます (後日簡単な表示もなくなる予定です)。


126) アクセス解析をしてみました。
(081214記載)

かないまるは@niftyのアットホームページでホームページを作りはじめました。練習期間を経てカウンタを付けたのが98年4月。それからもう10年以上経つんですね。
アクセスカウンタを記録することは全くしていませんが、30万ヒット、50万ヒット、100万ヒットのときにキリ番イベントをやったおかげで、このキリ番達成時ははっきりしています。また間もなく200万ヒットですが、残りあと4万1千カウント程度。最近はデイリー2000〜3000ヒットで推移していますので、正月休みごろ達成と思われます。

そこで冗談半分にこのデータをエクセルでプロットさせてみたところ、面白い結果がでました。



なんと寸分の狂いもなく、ピッタリと3次関数に乗っているんです。かないまるは漠然と上昇率は2次くらいだと思っていましたので、3次カーブになっているのはちょっと意外でした。この次数は、一人の方が一定期間にどのくらい閲覧者を増やしてくださったかで決まり、紹介されて行くペースが期間を問わず一定の場合はアクセスカーブは2次関数となります。概ね一人の方があと一人に紹介してくださるくらいの感じ。

ところが、一人の方が複数の方に紹介してくださると、アクセス数は加速され、関数の次数が上がってきます。

というわけで、非常にきれいに関数に乗っているので、この3次関数を延ばして、予測カーブを出してみました。



じゃん。スゴイですよ。2012年5月500万ヒット達成。そしてなんと2015年の秋には驚愕の1000万ヒットを達成とカーブは予測しています。

とまあ、これは200万ヒットを達成してから書こうと思ったんですが、達成しちゃうと集計作業でたいへんなことになるので、今書いてしまうことにしました。まあ夢見たいな話ですがv(^з^)v。


125) FC2サーバ破綻。
[new](081214記載)

FC2という無料ホームページを運営しているサーバ会社があります。提供容量がばかでかい。でも無料といこうとで制約も多くホームページ運営に使うのには無理。しかし有償版にアップグレードすると制約はほとんどなくなります。そこでかないまるは、動画が増えた昨年夏ごろからFC2サーバと@niftyのサーバを連結してシームレスに運営に使ってきました (コンテンツ間の移動はありますが、画像や動画の閲覧は必ずサーバ内に参照コンテンツがありますから、FC2が禁止している「直リンク」行為はありません)。

ところが今朝、読者さんから「蕎麦のページが読めない」というメールがきました。一通や二通ではありません。年越し蕎麦打ちの控えてみなさん練習に入ったきに閲覧ができなくて困ったようです。最初のメールの送信日時が昨日13日の22時12分ですから、その時刻前からアクセスできなくなっていたわけです。

今朝 (14日) メールを読んだかないまるもアクセスしてみましたが、たしかにリンクが切れています。FC2のユーザ管理画面に入ってみたところ 「このアカウントは (悪いことをしたので) アクセスが禁止されています」 というような記載がありました。

現在FC2には「なにがいけないんですか」という問い合わせと、手元ファイルが古かったので「少なくともダウンロードはさせてくれ」という内容の問い合わせをいれてあります。

回答は月曜日以後になると思いますが、返信が来たら結果をご紹介しましょう。

------
さて、なんでこんなことが起こるのか、かないまるの想像を書いておきます。

かないまるは事実としてサーバから追い出されてしまいました。しかし何処が悪かったかは書いてないのでわかりません。規約 を全部見直しても違反行為に当たることはしていません。

ただ、もしかすると、

というのがあり、これに引っかかったのかもしれません。実際FC2には1GB近い蕎麦打ちの動画があり、年末を控えて蕎麦打ちの練習のために閲覧し始めた方も多いと考えられます。「蕎麦打ちを練習したいが見ることができません」というメールからもそれはうかがうことができます。

だとすると、かないまるは「使用帯域が他人の平均より10倍多い」で落とされたのではないかと思います (それが他のユーザに支障がでているのかどうかはかないまるにはわかりませんが)。

もしそれが当たっているのならもう超お馬鹿な話です。

有償サービスは10GBの容量を提供しています。普通そこに何を置きますか。動画配信でうしょう。動画配信以外に10GBの容量なんて絶対に要りません。で、その10GBスペースにある動画コンテンツに人気が出たら使用帯域は当然 (そのへんの普通のページより) 増えます。

それで切っちゃうわけ?。矛盾していますね。もしかするとこのやり方、例え規約に書いてあっても、規約そのものが無効あるいは違法かもしれません。

------
さてFC2は http://web.fc2.com/fc2html/point1.html の宣伝文句で、こう書いています。

まあ高速バックボーンにつながっていること自体にはウソはないでしょう。でも蛇口を締めてしまえばバックボーンと関係なく遅くなります。実際蛇口はかなり締めてあると思います。というのも、FC2はまずFTPがかなり遅いんです。また動画閲覧すると転送速度が間に合わなくて止まってしまうことがよくあります。つまり上りも下りも遅いということです。

かないまるは、@nifty、さくらインターネット、So-net、Yahoo!、個人サーバなど複数のサーバを渡り歩いてきましたが、その経験からいうとこんなに亀のようにのろいFTPはほかにはありません。動画をアップするのはまあ我慢するとして、500〜600kbpsのWMA動画再生が途切れてしまう状況です。

この転送速度が遅いというところに、実は大容量を無料で提供できるFC2のからくりがあるような気がします。というのもサーバ容量は1GB (有償版の場合10GB) を提供しても、使い切らないユーザのほうが圧倒的に多いはずです。ましてFC2は「ファイル置き場行為」を禁止しています。なのでFC2はHDDはあまりたくさん持たなくて済む。つまりサーバー容量を大きく謳うのは、それだけなら造作無いはずです。

しかしそのファイルを一気に回線に流されてしまうと、回線代コストがたいへんです。なにしろサーバが北米にあるんですから。国際回線代は高いはずです。だからFTPを遅くし、それでも帯域を使うユーザは追い出す。ってとこかな…。

でもねえ、ブロードバンドに対応できてないとこは生き残れないと思いますよ。

本件はFC2から必ず回答をもらいます。


124) ハッピーバースデーケーキ
(081104記載)



今日は誕生日。娘がケーキを作ってくれました。

黄桃とパイナップルをちりばめたケーキ。通学前に仕上げたので、上面の黄桃が米の字にみたいで、本人はデザイン的にイマイチと申してますが、ケーキは気持ちです。買って来たのよりはるかに嬉しい。

メレンゲを作ってから卵黄を混ぜて、バターとミルクを溶きあわせてから焼き上げた本格スポンジケーキはフワフワで、今まで娘 (高一) が焼いたスポンジケーキでは一番のデキ。



本当はイチゴケーキを所望したんですが、イチゴが入手できませんでした。クリスマスケーキは通販でイチゴを手配しようかな。

と思ったら、翌々日に西友でイチゴを発見。当日もあったんだろうか。

というわけでウン十ウン歳になりました☆(^〇^)☆。
(ちなみに、ろうそくの数と黄桃の数は歳とは関係ありません)。


このページと違う期間の発言やを読むためフレーム再表示する