再表示する

目 次



0.[更新] はじめに
1. 7チャンネル化されたパワーアンプ
1.1. 7.1チャンネル方式のベーシックグルーピング
1.2. 7.1チャンネル・デジタルシネマサウンド
2. アナログドメインでのセンター/サブウーファーダウンミックス
2.1. 音質が劣化する理由
2.2. [更新]アナログダウンミックスというソリューション
3. 高精度化されたデコーダDSP
3.3. デコード精度の向上
3.4. DTS96/24
3.5. DVDビデオフォーマットの完全対応
4. 内部構造
4.1. VA555ESと比較してみる
4.2. 内部各部名称
5. 新回路技術
5.1. CleanSTD電源
5.2. 0.5dB化されたOPプロセッシング
5.3. VCAスタビライザー
5.4. 待機電源トランスの切り離し
6. VA555ESから継続している重要な技術
6.1. 64bitアキュムレーターレゾリューション
6.2. アナログピュアネスコントロール(APC)
6.3. ショットキーバリアーダイオード
6.4. ハイリニア・ブロックコンデンサー
7. お勧めの音場モード
8. まとめ

Q&A
1.VZ555ESは6チャンネルで使えますか
2.私は何チャンネル用意すればいいの
3.サラウンドスピーカの買いかた
4.VZ555ESはプリアンプとして使えますか
5. 4Ωのスピーカを使えますか