起こし庖丁

専用こま板が買えます




初稿 080811


もう5年も前にご紹介した「起こし庖丁」の技法。実際にやるには枕が庖丁側に飛び出した駒板が必要です。

しかし、記事を書いた当時は、かないまるはこのような駒板を製造・販売している人を知りませんでした。

ところが最近、当ページの読者さんから「ここで買える」という情報が。広島県の府中家具工業協同組合の中のページです。

枕は硬いブラックチェリー材。桐材とホゾ組みで接合してありますが、家具屋さんの組み合いらしく作りが非常にいい。ソリ板もちゃんと付いていて、かないまるのペニヤ板製よりずっと立派。

大きさが標準で三種類ありますが、幅 270mm、奥行 300mm というのが、かないまる用サイズですね。

早速買ってみましたが、実に出来がいい。かないまる愛用の自作品は角度が4度ですが、この市販品は約3度。枕の高さは同じなので、使ってみると少し細く切れますが、とても使いやすいものでした。

で値段ですが、なんと 3,400円 (税込み)。送料が別で合計4000円程度になりますが、これは安いと思います。

というわけで、お勧めです。

起こし庖丁用の駒板のページへ
府中家具工業協同組合のページへ




目次をフレーム表示する(目次がないときクリックしてください)
かないまるのホームページへ