高山製粉の「縄文そば粉」(1)


更新021219
初稿021215


2002年12月、高山製粉から粗挽きの新顔「縄文」という石臼挽きそば粉が新発売されました。

高山製粉は土壌のよい八ヶ岳山麓でそばを栽培する農家に協力しながら優良な玄蕎麦を仕入れ、高い技術ですばらしいそば粉を作っています。

さて、高山製粉のそば粉はすべて細挽きで、どのそば粉も生粉打ちしやすく、食感、香りとも他では得難いものですが、それだけに「これで粗挽きだったらどんなにすばらしいだろう」とずっと思っていました。

その高山製粉が、ついに粗挽きを新たに手がけることになりました。それが新製品「縄文そば粉」です。



新しい粗挽きそば粉「縄文」は、粗挽き専用に目立てをした大型電動石臼を設備投資して作られた開発商品で、35番程度のメッシュで篩ってあります。

実は高山製粉さんには「粗挽きをやってくださいよ」と何度もお願いをしてきましたが、その要望は多かったようです。また、我々素人もさることながら、実は最大のユーザである本職のそば屋さんも、最近の粗挽きブームもあって引き合いが多くなっていたそうです。専用の大型電動石臼導入は、この最大ユーザの求めが理由なんですね。

そういうわけで「縄文」は、老舗・高山製粉が本気で作ったホンモノの粗挽き粉。さっそくご紹介しましょう。



目次をフレーム表示する(目次がないときクリックしてください)
かないまるのホームページへ