LANオーディオを始めよう
TA-DA5700ES勉強会



ネットオーディオ(DLNA)の最小構成


初稿 120218


実例の前に、簡単に仕組みというか何が必要かをお話ししましょう。

DA5700ESのネットワークオーディオは、DLNAという仕組みに乗っています。DLNAの仕組みを解説したページはすごく多い。ところが概してわかりにくいと思います。

その理由は、DLNAが余りに多用で自由度が高いため、説明が発散しすぎているからでしょう。たとえば映像用、PS3用などと説明されているDLNAでのサーバーは通常オーディオ用に使えます。でもそういうことが書いてないので、結局使い始められない方が多いと思います。

そこでここでは、オーディオ用に限定してDLNAを説明して、ハードルを思いっきり下げてみようと思います。

ネットワークでオーディオ再生をするためには、簡単には次の構成が必要です。



これがネットワークオーディオの最小構成です。

まず、DMSというのは、デジタルメディアサーバーの略で、オーディオファイルを格納してある場所から音楽データを吐き出す仕組みです。代表的なのが、ネットワーク上でLAN接続するHDD装置です。これをNAS (ネットワークアタッチサーバー) といいます。

DMRというのは、DMSからデータを受け取る部分です。必ずDAコンバーターとくっついていて、データは音に変わります。デジタルメディアレンダラーの略です。

もう一つがDMCです。デジタルメディアコントローラの略です。これはDMSのなかをみて、まずフォルダやアルバムのツリーを表示します。ツリーの一番先にあるフォルダには楽曲が詰まっていますから、これを表示したところでプレイボタンを押すと音楽が演奏されます。演奏開始後は経過時間を表示するのが普通です。表示機能つきのリモコンのイメージですね。

つまりネットワーク上にDMSがあり、AVアンプの中にDMCとDMRがあれば、ネットワークオーディオが成立します。



フレーム表示にする (目次がないときクリックしてください)
かないまるのホームページへ