PS3の補強方法

底面
更新 070625
初稿 061115


では、底面からはじめましょう。



底面は三段階の面をもっています。一番上がアーチ状の面を持つ通風部分。二段目が側面にやはり通風部分を持つ箱状部分。そして面積の小さい最底面です。


1)フットの追加

最初の改造はフットの追加です。最底面の四隅に面積の小さなフットがありますが、その脇に面積の大きいフットを追加します。フットゴムの厚みは4ミリ以上にしてください。PS3の底面と設置場所の床面の距離を最低4ミリ以上離すわけですが、そうすると音がよくなるのです。

使うゴムの材質の特長は音質に現れます。ダンピングのよい素材を使うとS/N感の高い静かな音になります。跳ね返りのよいゴム系の素材なら弾むような音になります。

上の画像に見えている白っぽいものは、TA-DA9000ESに用いたフットのゴムを1/4にカットしたものです。TA-DA9100ESのフットゴムは無反発ゴムであり、音質的にはダンピング感の向上とS/N感の向上が得られます。

代替え品としては厚み3ミリのソルボセインを二重にして使う方法があります。床にくっつかないように、床との接触面にはテフロンテープなどを、フットよりやや大きめに切って貼っておくとよいでしょう。

なお、もともとのフットを剥がして、その部分にフットを追加すると、より強度感の高い音になります。もともとのフットの位置は内部のリブに近く、強度が高いからです。


2)ガラスエポキシプリント基板による底面の強化

底面には3本の板が横方向に3枚貼ってあります。また縦方向(上下方向)にも1枚貼ってあります。この板はシャーシの下回りを強化する目的で貼りました。

貼った素材は、ガラスエポキシの片面プリント基板 (エッチングしていない素材基板) を幅20ミリにカットしたものです。見えない面には35ミクロンのエッチングしていない銅箔が存在しています。

長さは横方向に貼ってあるもののうち長いもの2枚が240ミリ、中程の短いのが125ミリです。この三枚は、一番下の底面に貼ってあります。

縦方向 (上下方向)の板は、一段上の箱状部分で、一番下の底面とのつながりの壁際で、上下の中央に貼ってあります。

板をPS3の底面に貼り付けるためには両面テープを使いました。

この補強でボンボンと鳴く感じの中低域のクセがとれ、ベースの音程がよく分かりリズム感がよくなります。

なおガラスエポキシ基板の素材基板や両面テープのメーカー名や品名は内緒です。なぜならこの素材は私が商品をチューニングするときに使っているからで、詳細は秘密なのです。

でもどういうものを貼ったらどういう音がするかというのもオーディオの趣味ですから、ホームセンターや文房具屋さんでいろいろと入手してやってみてくたざい。

貼った後剥がすときは、ドライヤーで温めてからニッパでコーナーをゆっくりと起こし、そのまま力を入れていればゆっくり剥がれてきます。

なおプリント基板の銘柄違いによる音質差はあまりありません。しかし両面テープは素材により大きく音質が変わります。選んでみるなら、小さいものをどこかに貼ってみてください。システムが敏感ならすぐに音が反応します。どんなに小さくても傾向ははっきりわかります。

3)
幅の小さいテフロンテープ

小さい基板と一番下の長い基板の間に、ゴミみたいな横長のテープが貼ってありますが、これは6×55ミリのテフロンテープです。

型番は中興化成のASF110というもので、厚みは0.08ミリ。このあと表面や側面にも貼りますので、買うのなら20ミリ幅前後がいいと思います (40ミリのところは2枚並べて貼ります)。

ちなみにこのテープは目の玉が飛び出すほど高価です。一本10メートルで数千円〜一万円するでしょう。元々は超音波ミシンの離型用のテープなので、秋葉原でも電熱熱器具屋さんで売っているのを見たことがあります。東急ハンズあたりにあるかなあ。オヤイデにあるという噂もありますが、0.08ミリ厚があるかどうかはわかりません。