ファームウエア・アップデート
Ver1.9 が公開されました。

ノイズシェイピング技術を使ったビットマックタイプ2
CDのサンプリング周波数を176.4kHzまでUPする、CDアップコン

初稿 070727
この記事は、上記日時時点で公知となっている情報のみに基づき記載しています。


出ました。バージョン1.9

今回のアップデートは、V1.8で提供されたSACD再生音質向上技術「ビットマックタイプ1」に続き、「ビットマックタイプ2」が提供されました。これはノイズシェイピング技術を使ったもので、ディザリングを使ったタイプ1とは別の意味での高音質を提供してくれます。

また、CDのサンプリング周波数を176.4kHzまでUPする演算機能も追加されました。SCEでは「CDアップコン」と呼んでいるようですが、要するにデジタルフィルタですね。性能も阻止帯域が320dBにも及ぶそうです。プロ用、民生用を通じ、デジタルフィルタの阻止帯域は160〜180dB程度が最高クラスですから、これはCELLによるデジタルフィルタ演算の限界狙いでしょう。

アップデートの方法やファイルはここにあります



今回のアップデートは、全体としてはあまり大規模なものではありませんが、オーディオファンには特大の二つのアップデートが含まれています。

こちらに、早くも山之内さんの第一印象のWEB記事が出ていますので、まず読んでみましょう。(この記事は、file web会員向けですが、会員以外でも公開から一週間は読むことができます)。


-------------
ひとつは前回のV1.8で公開された、ディザリングによるビットマッピング・タイプ1に続き、ノイズシェイピング技術を応用したビットマック・タイプ2が追加されたことです。

第一印象として、ホールトーンの表現力が非常によく、ホールの大きさがかなり明瞭にわかります。クラシックのマルチチャンネルの優秀録音は、おしなべてホールの大きさの明瞭度がここまでよくなるかというほど改善しています。

まず驚いたのが、LYNXのフルートアンサンブルです。もうホレボレします。四本のフルートそれぞれのパートを、明確に聴き分けることができます。特にバスフルートの表現力の向上には目を見張るものがあります。

児玉マリのピアノソナタ は、タイプ1でも笑っちゃうしかないほどよくなりましたが、タイプ2になると、打鍵のテクニックが非常によくわかり、スゴミすら感じます。

タイプ2は、総じてホールトーンと管楽器、打楽器の表現力が革命的によくなりますね。弦楽器もいいですね。細かい音がより細部まで表現されます。

ただ、ごく一部のバイオリンの録音で、やや表現過多になることがあり、録音時にタイプ2と同じような処理があり、それと重複しているのかなあという感じを受けました。このような録音は、タイプ1で十分な表現力があるようなので、録音や楽曲により、好みに応じて使い分けるとよいと思います。

しかし、タイプ2のホールの実物大感は、ホントすごいです。

-------------

もう一つは、CDアップコンの提供です。

要するにデジタルフィルタで、CDのサンプリング周波数44.1kHzを、2倍(88.2kHz)または4倍(176.4kHz)に上げることができます (2倍か4倍かは、SA-CDのPCM伝送と同様で、受信側のHDMI機器に依存するほか、手動設定で強制的に176.4kHzを出力することもできます)。

デジタルフィルタの性能は、従来のオーディオ機器に組み込まれていたものの性能が、阻止帯域=160dB程度が上限だったのに対して、なんと320dBもの性能を誇ります。

まあこんな性能が必用かどうかは別として、320dBというと52ビット程度の分解能がないと出せない数値なので、CELLでの演算の限界にチャレンジしたのでしょう。

HDMIの伝送幅は24ビットなので、なにもしないと、阻止帯域では24ビットの量子化ノイズのほうが大きくなってしまいますが、ビットマッピングのタイプ1かタイプ2との組み合わせで、十分な性能が出るというしかけになっています。

タイプ1とタイプ2の選択もできますが、かないまるの聴感ではタイプ1のほうが一般的にはよいようで、SA-CDからダウンサンプリングしてくる場合と、アップコンの補間データのビット情報確保の場合とでは、若干性格が違うのかなという印象でした。かないまる的には、CDアップコンにはタイプ1の組み合わせがオススメです

音質については、CDからよくもまあこれだけの情報量を引き出すものだと、脱帽ものです。音の純度感とS/N感がものすごい。曲にもよりますが、弾力感すら感ずることがあります。

阻止帯域の数字が出ているということは、いわゆるシャープカットオフタイプのデジタルフィルタということになりますが、こんなに高いS/N感は、かないまるの長い設計経験でも、DAS-R10以外では聴いたことがないです。すごいなあ、PS3。

(かないまるの試聴は、TA-DA3200ESとTA-DA9100ESで行いました)


とういわけで、バージョン1.9。またまたすごいです。急いでアップしましょう。