待望の高音質銅素材PC Triple C

サエク AC-6000/AC-7000を使った
自作電源コードの作り方

製作編 その4)
AC-7000での作り方 機器側



初稿150927
更新151003 (解説編と製作編に分け、リライトしました)。


ではAC-7000のオーディオ機器側コネクタへの接続です。




機器側にも勿論極性があります。コネクタハウジングの中に刻印されていますが、画像の右側がニュートラル(白ワイヤを接続)です。

では芯線のカットと皮むきをします。



機器側は寸法が厳しいです。1ミリ以内の精度でカットしてください。本稿では製作編でシールドに銅線をハンダ付けで巻き付けてありますが、巻きつけない場合もシース端から37ミリは同じです。芯線は12ミリ剥きだします。

例によって芯線を一本たりとも落としてはいけません。おとしたらシールドのハンダ処理からやり直しです (なのでシールドへの銅線ハンダ付けよりカットを先にやったほうがいいかな…)。

------
緑の線は今回は使わないので、根元から5ミリ以上10ミリ以下でカットしてください。この線がどこかに触ってショートすることはないと思いますが、習慣としてテープを巻くのもよいと思います (かないまるは今回のコードでは最終的には緑線への絶縁テープ巻きはやめました)。






壁コン側は芯線をハンダあげしましたが、こちら側はハンダ上げはしません。



というのも、四角い端子の穴と電線の断面積がほぼ同じなのです。画像のピンクの点線に電線がぴったり収まります。ところが電線を丸い形状のままハンダ上げしてしまうとコネクタに入りません。

断面積がぴったりなので、電線を端子にゆっくり挿入すると電線の束が四角に変形しながらちょうど収まります。ここで上からビスで押すと、ギシっとしまります。そこでこちら側はクリプトン セッテンプロ接点導通剤 (カーボンダイヤトニック) をたっぷりしみこませることにしました (セッテンプロを使わない方は、そのまま挿入してください)。




カーボンをしみこませたら、コネクタから電極だけ取り外してビスを緩め、素線の先でまわしながら軽く押しつけて、素線を端子の中に挿入します。開口面積がギリギリですが、電極板金がコの字になっているので、線をまわしながらそっと上から入れると先端が入ります。あとは電極側をゆっくりまわしながらじりじりと押し込みます。もちろん芯線は一本たりとも飛び出してはいけません



プラスチックのボディ本体に収めるときの向きあわせてからビスを締めます。これは仮締めで、ボディに収めてから本格的に締めます。仮止めでもマイナスドライバが滑ると指に刺さりけがをしますので、しっかり押してゆっくり締めてください。



ボディーに収めて、@のコードクランプをビス止めします。
ただし、ここでシースがあると外形が太すぎてクランプを締めることができません。寸法どおりシース端から37ミリでカットしてあれば、上の円内のように、クランプがシースのちょうど内側に来るはずです。つまりクランプは、導箔シールドをまとめるためにワイヤをハンダ付けしたところで締め、シースはその後ろからはじまるようになります。

Aの中央の電極 (アース用)は使わないのではずしておきます。そのまま付けておくとガタがあるので音質が悪くなります。

Bの電極ビスをまし締めします。5分経ったらもう一度まし締め。さらに数時間後にもう一度締めてください。ハンダ上げしていないのであまり大きな塑性変形はありませんが、それでも小さな変形がすすみますので、このまし締めは必要です。締まらなかったら勿論それでOKです。

最後に電極先端Cにもカーボンダイヤトニックを落としておくと、機器との接触が改善されます。




カバーをかぶせてビス止めします。さらに20〜24ミリのテフロンテープ (中興化成、AFS110 t=0.08) を二周程度巻くと音がしっかりします。ビスを省略すると柔らかい音になります。

テフロンテープは高価なので、代用品をご紹介します。


これです(^o^)。セロテープ。セルロースフィルムにゴム系粘着材を塗ったものなのでいやな音はしません。
ただし耐久性がないので、ビスは必ず使ってください。



できあがりました。



かないまるへ