オーディオ用NAS RockDisk For Audio




比較試聴

HDD/SSDの音を比較してみました
(準備偏)

151208初稿


・SSDの音が聴きたい

ここまでRockDisk For AudioのHDDモデルの音を聴いてきました。このモデルは購入したままでもなかなかよい音がします。さらに、振動対策をすると大きな欠点のない音になることもわかりました。

ただし、この対策は振動を揺らして逃げるので、オーディオの王道である重量付加や、太くて重たい高級ケーブルを使った音質改善がしにくい傾向があります。

つまりしっかりケーブルや重量付加のところでHDDの振動が床同様に反射して、音を自分で汚す傾向があるわけです。

そこで、内蔵されているHDDが3.5インチと比べてどのくらいの位置づけなのか、さらには振動のないSSDの音を聴きたいと思い始めました。

・4メディア集めてみました

実はHDDやSSDは仕事がら比較試聴の機会はありますが、その結果を公開はできないので、今回は自宅にできる限りということで4媒体を集めて聴くことにしました。


・試聴メディア



画像の@〜Cが集めた媒体です。


HDDやSSDがささっているのは、お立ち台型のHDD-USB変換器です。

ふたつのお立ち台の電源容量は30W程度で、RockDiskNextよりやや小さく、RockDisk For Audioよりやや大きい感じで、だいたい似たようなものです。

上記のように試聴のメインはinateck FD2002のAとしました。これをTA-DA5800ESのフロントUSB端子にさして、マイミュージックから選択して試聴しました。

またWindows7上では必要に応じて2〜3台同時に動かしながら、瞬時比較試聴をしました。




目次を表示する

かないまるに戻る