高音質なNASキットを発見

RockDiskNext で極上の音を出そう

データ転送と音質

USBメモリ転送について



131106初稿


RockDiskNextにはUSBメモリ転送という機能がついています。



RockDiskNextのフロントUSB端子にさして、その上のコピーボタンを押すと、中身が Publicフォルダにコピーされるというものです。この機能そのものは、メモリの当座保存用などに大変に便利なものです。

しかし、RockDiskNext内のHDDにできたファイルをエクスプローラーでMusicフォルダに移して音楽をDLNAサーブしようとすると、出来の悪いUSB-HDDのような音質 (好ましくない傾向) になることがわかります。

理由はUSB転送のときにジッタが発生し、HDD上のデータにそのジッタがアナログ的に痕跡を残すからでしょう。読み出すときに作られるクロックがその痕跡に追従して、システム内にジッタが発生 (というか再生)。そのジッタがパケットを送り出すクロックに乗り、再生音に影響を与えると思われます。

ネットワーク再生は「パケット通信によるHTTP転送」という、有害ジッタが比較的少ない方式が音質的なメリットを生んでいるのに、ややそれが後退するわけです。

この音質劣化したファイルは、ネットワーク経由で一度PCに転送し、もう一度書き戻すとかなりクセを消すことができます。ネットワーク転送は基本的にはジッタの少ない転送だからです。このことも、音質劣化がHDD上のジッタ起因であることを裏付けていると思います。


USBメモリの内容をRockDiskNextに転送する場合は、上記の理由からごく普通に、Windowsからエクスプローラーでネット経由で行うのが、手間が少ないし音質もよいのでお勧めします。


目次を表示する

かないまるに戻る