高音質なNASキットを発見

RockDiskNext で極上の音を出そう

ログインする その2
(Isaring Finderによる方法)


131219初稿


2) Isaring Finder によるログイン

もう一つのログイン方法です。実はこちらのほうが簡単で確実です。

2013年11月21日に行なわれたバージョンアップにより、最新版は「20131021」になりました。このバージョンでは、LANの外からアクセスできる「リモートアクセス機能」を停止できるようになりました。

この機能は、外部でスマホなどからのアクセスを実現するためのものです。外部からの接続要求に応えるために常時動作していました。機能を停止すると対応ルーチンが停止するため音質がよくなるそうです。

ところがこの機能を停止すると、アイオーデータのサーバーからRockDiskNextがみえなくなるため、 「ログインする (その1)」で解説した青い発見画面が動作しなくなることがあるそうです。

そこで代替えとして提供されたのが、LAN上のRockDiskNextを発見するためのツール「Isaring Finder」です。

Isaring Finderはここにあります。


ダウンロードしたらZIPファイルをエクスプローラーで開くと、中に「RockDiskNext-IPFINDER v1_0」というフォルダがありますので、適当な場所 (たとえばデスクトップ) にコピーしてください。フォルダを開くと

という実行ファイルがありますのでダブルクリックしてください(インストールの必要はありません)。



セキュリティーの画面が出たら、警告のチェックを外して[実行]を押してください。



これがIsaring Finder 野画面です。起動すると赤枠のところにサーバー名、IPアドレスなどが表示されます (RockDiskNextが二台ある場合は、二行現れます)。

現れた行(赤枠内)をダブルクリックするか、Connectを押してください。



ログイン画面が現れますので、ユーザ名とパスワード(購入時はどちらも admin)を入力して、右下のハウスボタンを押すか、実行キーを押してください。



HDDモデルでは、このような画面が出ます。これが管理画面で、ログイン成功です。



キットモデルではHDDのフォーマットを促す画面が出ますが、やはりログインに成功しています。

----
(ショートカットの作り方)

前項に書いた理由により、ログイン画面のショートカットは作らないでください。DHCPがアドレスを振り直したり、バージョンアップ後にログインできなくなります。

かないまるは、IPファンダーのショートカットを作ることをオススメします。



実行ファイルを右クリックして、シーョトカットの作成を選択します。実行ファイルと並んでショートカットができますので、デスクトップなどに移動すれば使えます。

------
Isaring Finderは、表示されたサーバの行をダブルクリックする、コネクトボタンを押す、の二通りの使い方があります。両者はアクセスルートが違うようです。

この結果、RockDiskNextの状態、ブラウザの状態などによってログイン画面の開くスピードが違ったり、場合によっては白画面が開くことがあるようですが、これまでの検証では、(IE+クローム)×(ダブルクリック+コネクトボタン)のどれかを使えば100%アクセスできましたので、強力なツールだと思います。

例外はアップデート直後にRockDiskNextが内部を作りなおしているケースで(20131021→20131121の場合)、アップデート直後に白画面になることがあります。これは数分待つ必要があるようです。


目次を表示する

かないまるに戻る