かないまるの個室オーディオ 14)

銅板片によるラックの音質改善 (初公開)

その2)
作りかた

初稿 180329


1)では製作編です



もう一度完成画像。スパイクの上に「くの字型」に曲げた銅板。これを作ります。ガムテープは位置ずれを防止するものですが、これはまた銅板を制振しています。

これを先日ご紹介した除電器で使ったPPテープにすると、音が全然落ちつきませんのでガムテープでなければなりません。現在のオススメはセキスイのガムテープです。





材料は0.5ミリ厚の銅板です。ホームセンターで買えます。もし銅帯が入手できれば、それを金属用の鋏でカットすれば簡単にできますが、通常は10×20センチくらいの銅板がスタートとなります。

銅板にフェルトペンで40×20くらいの枡目を書きます。ここをカットするわけです。かないまるはいつものように、ハンドグラインダの切断砥石でカットしました。
    このようにするときは、銅板はしっかりとクランプで固定してくださいね。手で持ってカットなんか絶対にしないこと。銅板は粘るので、万一ひっかかるとけがをします。



銅は粘るので、グラインダでカットするとこんな感じでバリだらけになります。鋏でカットしても実はバリはあるので、バリはヤスリで除去します。



バリがどれました。角も丸めておいてください。指で一周なでてみて、両面や角に一切のバリがなくなればOKです。



電工ペンチでつかんで「くの字」に曲げます。一度まげて少しもどしたくらいが機械的によい音になるようです。画像程度にまげて、ラックの上にのせてもどしながら調整するといいでしょう。



出来上がって試聴中。前ページに書いたように、すばらしい音がしました。



その13)へ ←このページ→

目次へ

かないまるwebトップへ